シンセティック

フリガナ:シンセティック

プット、コール、先物のうち二つを組み合わせて作った(合成した)ポジションをいい、プット・コール・パリティに着目した裁定取引に利用されます。例えば、同じ期日、同じ権利行使価格のコール・オプションの売建てとプット・オプションの買建ての組み合わせによりシンセティック(合成)先物の売建てのポジションができますが、これと先物との間で価格が乖離したときに裁定取引によってリスクなしで利益が得られます。この手法をコンバージョン(conversion)といいます。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ