シェールガス革命

フリガナ:シェールガスカクメイ

シェールガスの採掘技術が進歩して生産量が飛躍的に増加した結果、世界のエネルギー事情が大きく変わること。シェールガスの存在自体は90年代から知られていたが、近年回収技術が急速に進化して生産量が急増した。採掘に特に積極的なのが米国で、2010年にはシェールガス生産量で世界第一位となった。米国がエネルギー消費大国から生産国へ転換することは、中東を中心とする原油生産やロシアが注力する天然ガス価格にとどまらず、地政学的な世界情勢にも影響を与えようとしている。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ