ケインズ学派

フリガナ:ケインズガクハ

ケインズの経済理論を受け継ぎ、発展させた経済学の一学派のこと。
ケインズ経済学とは、ケインズが1936年に発表した著書「雇用、利子および貨幣の一般理論」の理論を中心とする経済学で、市場経済を自動的な安定化作用を備えたものとはみなさない考え方である。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ