クロス・マージン

フリガナ:クロスマージン

同一勘定の売建玉と買建玉について複数の取引所(清算機関)が共同で(ネットして)証拠金を課す制度です。
米国内の清算機関同士ではかなり普及しています。

用語集のTOPに戻る

ページトップへ