川口一晃氏が注目通貨をピックアップして「相場展開」と「注目日」を解説しているWeeklyレポート「Let'sペンタゴン・チャート」です。

川口一晃のWeeklyレポート「Let'sペンタゴン・チャート」

川口一晃氏プロフィール

ペンタゴンチャートの国内第一人者 川口一晃氏のレポートを毎週月曜日に配信致します。
主要通貨から日足、時間足それぞれ2通貨ペアをピックアップし、ペンタゴンチャートが示す 価格のポイントや相場転換のタイミングを解説していきます。

第一シナリオ
レポート配信時点で最有力のメインシナリオ
第二シナリオ
相場の変化により実現する可能性のあるサブシナリオ
重要な価格ポイント
第一シナリオから第二シナリオへの転換を判断する価格帯

『 ぺンタゴンチャート 』についてはこちら

アナリスト

川口一晃

川口一晃
投資教育家。オフィスKAZ代表取締役。1986年、銀行系証券会社入社。その後、銀行系投資顧問会社、国内投信会社にて11年間ファンドマネージャーを務める。その後、ブルームバーグLP外資系証券会社を経て独立、2004年にオフィスKAZ設立。相場の世界ではチャートの鉄人として、特にペンタゴンチャートの第一人者として知られる。著書に『「株」と「為替」をチャートで読む』(明日香出版)、「神秘の株価予測法 ペンタゴンチャート入門」(東洋経済新報社)、「なぜか投資で損する人の6つの理由」(青春新書インテリジェンス)など。

ペンタゴンチャートをもっと知りたい方におすすめ

ペンタゴンチャート関連書籍

書籍「FX MACD+フィボナッチ勝率アップの法則」

価格と時間の双方を同時に分析できるテクニカルツール「ペンタゴンチャート」。ペンタゴンチャートを使えば上値メドや下値メドなどの価格を予測するとともに、その価格にいつ到達するのかという時間まで予測できるという点が他のテクニカルツールと大きく異なります。本書では、1992年にペンタゴンチャートと出会ってから、すでに20年以上もペンタゴンチャートを描き続けているという川口一晃氏がその魅力を余すところなく解説。ペンタゴンチャートを詳しく解説した書籍は他にほとんど存在せず、貴重な一冊です。本書は全国の書店、Amazonにて好評発売中です。

ページトップへ