豪ドルのスワップ投資の魅力は失われたのか?【かんべえ】

かんべえ20200707.jpg

ども。投資軍師のかんべえ(@kanbei_toushika)です。

ハイリターン投資ROCKというブログをやっています。

今回は「豪ドルのスワップ投資の魅力は失われたのか?」というテーマです。



豪ドルはスワップ投資として人気の通貨でした。

スワップ投資は、金利が高い通貨ほど受け取れるスワップポイントが多くなります。

そのため、2015年~2016年頃、主要通貨の米ドルやユーロよりも、金利が高いオセアニア通貨の豪ドルが人気でした。

豪ドルは、主要通貨と比べるとリスクが高く、スプレッドも広いですが、それ以上に金利が高いという点で、スワップ投資で豪ドルを選択する人が多くいました。



豪ドルのスワップ投資の人気が下がっています。

しかし、2019年~2020年、スワップ投資で人気が高かった豪ドルも、世界的な不景気でオーストラリアの景気が悪化し、オーストラリアも他国に追随して利下げを行います。

利下げをしてもまだ主要国よりも金利が高かった豪ドルも、不景気が長引き、度重なる利下げで、金利はアメリカやニュージーランドよりも低くなりました。

スワップ金利も年0.24%と、もはや魅力的な金利ではなくなりました。

FX会社もスワップ投資用に豪ドルよりも金利の高い新興国通貨の取り扱いを増やし、投資家たちも新興国通貨の方に流れ、豪ドルはスワップ投資では、利用する人は前よりも少なくなっています。



豪ドルに投資するメリットはまだまだある。

金利の低くなった豪ドルですが、実は投資の魅力はあります。

今が底と考えると、将来性は十分にあると考えられます。

1.今後金利が上昇する可能性
2.通貨の値上がりが期待できる
3.資源国であり政治的リスクが無い

 

1.今後金利が上昇する可能性

オーストラリアは景気悪化で利下げをし続けてきました。

オーストラリアの中央銀行は、政策金利を2008年の年7%から年0.25%まで引き下げています。

ただし、これ以上の金融緩和を考えていなく、今後の利下げの打ち止めが期待できます。

さらに今後の景気の回復次第では金利の引き上げもあり、長期的には金利上昇を見込んでのスワップ投資はありだと思えます。

 

2.通貨の値上がりが期待できる

世界的な不況でリスクオフで円高になり、豪ドルもかなり円に対して値下がりしました。

しかし、ここ最近は他通貨に対して値上がり幅が大きく、新型コロナ収束後の景気回復を見込んでの更なる値上がりが期待できます。

値上がりが期待できるということは、値下がりリスクが低くなるわけです。

高金利通貨よりも金利が低い分、スワップポイントは少ないですが、その代わり値上がり益が見込めてトータル的に高金利通貨を上回るリターンが期待できます。

 

3.資源国であり政治的リスクが低い

オーストラリアは先進国ですから、新興国と違って政情不安も少ないです。

資源国ですので、オーストラリア自体の景気が回復しなくても、他国の景気回復で資源が売れてオーストラリア自体も景気が回復するという流れが期待できます。

輸出が好調になれば豪ドルの上昇と景気回復での金利上昇が期待できますから、それを見込んでの豪ドルのスワップ投資には魅力が大いにあると言えます。



★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ! ★☆★

 デモ訴求ページTOP画像.png



豪ドルでスワップ投資をするにあたって

豪ドルでスワップ投資をする魅力について説明してきましたが、説明してきたことはあくまでも見込みであり、必ずそうなるとは限りません。

仮にそうなったとしてもいつから金利が上昇するか、豪ドルが値上がりするかは予測できなくて、必ずしも他の通貨に対して有利とはいえません。

それでも豪ドルには高金利通貨よりも値下がりリスクが低く、値上がりが期待できるから、豪ドルが魅力的なことには変わりないです。

豪ドルでスワップ投資をする注意点としては、レバレッジを高くしないことです。

豪ドルは高金利通貨よりもリスクが低いですが、それでも下がる時は下がります。

値下がりリスクはそれなりにあります。

レバレッジを高くしてスワップポイントを多くもらいたいところですが、今後値下がりするリスクも考慮して、レバレッジを高くしないで、値下がりしたら買い増しできるように余裕をもって投資することをおすすめします。

次にオーストラリアの政策金利の動向に注目です。

オーストラリアの中央銀行が利下げを考えていて、利下げを実行した場合、金利が下がってスワップポイントが減るだけでなく、豪ドルも下がってのダブルパンチになります。

またスワップ収入が減って魅力的な投資先で無くなったなら、他に乗り換えるべきで、利下げをする前に清算した方がいいでしょう。



スワップ投資をするに当たっての注意点

最後にスワップ投資をするにあたっての注意点についておさらいしておきます。

スワップ投資の解説を見ると、想定利回りが計算されていることがありますが

1.金利はいつまでも高いとは限らない

これは理解しておきましょう。

豪ドルもそうですが、他の新興国通貨も以前の金利の半分以下になっているところがほとんどです。

金利の高い状態がずっと続くとの過程での利回り計算は絵に描いた餅です。

2.スワップの収益では値下がり分をカバーできない

金利の高い通貨は特に暴落が起きます。

いくら金利が高くても、暴落してしまいますと、今まで貯めたスワップ金利以上の含み損を抱えてしまいます。これでは利回りはマイナスです。

これを回避するためにも、平常時はレバレッジをかけず、暴落時に、安値でしっかりと買えるようにしておくことが重要です。

豪ドルFXがスワップ投資としての魅力を失いつつあることから学ぶべきことの記事で詳しく書いていますが、スワップ投資は、実はスワップを狙いすぎて積立投資をしてしまうと、勝率が低くなります。

あくまで、スワップは副次的に、為替差益もしっかりとれるよう意識してみて下さい。

アイネット証券でFXを始める

 

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ! ★☆★

 デモ訴求ページTOP画像.png

【注意事項】 

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

著者プロフィール

著者アイコン
投資軍師かんべえ
堅実コツコツ長期投資をモットーに月100万円の投資収益を目指し、日々、投資を研究し、実践中。
低レバレッジFXのスワップ投資を中心に、個別株、米国株投資、CFDも挑戦中。
ウォーレンバフェットの考えを基に、本当に稼げる投資は堅実コツコツ積み立てる投資であることを伝えていきたい。
ハイリターン投資ROCK:https://invests-vision.com/
Twitterアカウント:https://twitter.com/kanbei_toushika

関連記事