FXのシステムトレードとは? 初心者でも利益を得るコツを解説!

FXのシステムトレードとは? 初心者でも利益を得るコツを解説!

システムトレード20200401.jpg

初心者でも始めやすい? FXのシステムトレードとは

FXの取引経験が完全にゼロの超初心者でも、システムトレード(シストレ)なら気軽にチャレンジしやすいと一般的には言われています。システムトレードとは、あらかじめ定めたルールに沿って、システマチック(機械的)に売買を続けていく取引です。

「システムトレード=自動売買取引」と説明しているケースもよく見受けられますが、厳密に言えば、両者は同じものではありません。システムトレードの本質は、ルール通りに取引を繰り返していくことであり、自動ではなく手動のトレードであっても該当します。

これに対し、特定のルールに従ってオートマチック(自動的)に売買が執行されていくのが自動売買取引です。ただし、実際にはシステムトレードのほとんどがプログラミングによって自動的に取引が進められていくようになっており、「システムトレード≒自動売買取引」の状況にあるとも言えるでしょう。では、システムトレードはどうして初心者でも始めやすいのでしょうか? それは、売買のタイミングに困らなくて済むからです。

本来、そういった判断は為替相場に関する知見や過去の経験則に基づいて投資家自身が行います。初心者にはそれらが不足しているわけですが、システムトレードなら設定したルール通りに売買が進められていくので、自分自身で判断する必要がありません。



システムトレードのメリット・デメリット

初心者でもチャレンジしやすいことに加えて、システムトレードの大きなメリットは、ずっと相場を観察していなくても自動的に取引が続けられていくこと。言い換えれば、自分自身はまったくノータッチでも、24時間体制でチャンスを逃さずトレードが進められていくわけです。

また、システムトレードなら為替相場に関する情報を収集してそれらを自分なりに分析するといった作業も必要ありません。しかも、自分自身の判断で売買を行っていると、「予想とは違う動きだけれど、もう少し辛抱してみるのも……」などといった迷いが生じがちですが、システムトレードならそういった感情に左右されることなく、冷静沈着にトレードが遂行されます。

一方で、システムトレードにもデメリットが存在しないわけではありません。ガイダンスなどを参考にすればさほど難しくないとはいえ、最初の設定は自分自身で行う必要があるのがその1つでしょう。

さらに、一口にシステムトレードと言っても、個々に様々なルールに沿って取引が行われており、その中にはその時の相場に上手く対応できていないものも存在しています。そういったタイプをうっかり選んでしまうと期待外れの結果となる恐れが出てくるので注意が必要です。では、具体的な失敗例について次で見てみましょう。



「初心者ある!ある!」の失敗例

初心者にありがちな失敗は、そのシステムトレードがどういったルールで売買を進めていくのかについてほとんど理解しないまま、安易に取引をスタートしてしまうというパターンです。相場がどのような展開になったら利益(もしくは損失)が発生するのかがピンとこないまま、取引をお任せにしているわけです。

そうなると、相場環境が大きく変わってトレンド(相場の方向性)が転換した時に、設定したルールのまま続けても利益を得にくくなってしまいます。たとえば、「円安基調が続く中で一時的に円高に転じた局面で米ドルを買い、再び円安に戻ったら、その流れが続いている間はできるだけ利益を伸ばす」というルールのシステムトレードがあったと仮定しましょう。

円安トレンドが継続している限り、このトレードでは着実に利益が得られるはずです。110円だったレートが108円になった時点で買い注文が執行され、その後は120円まで円安が進行した場合、その流れに乗じて12円の値幅を手中に収められます。

しかし、もしも先々で円高へとトレンドが反転すると、逆に損失がもたらされることになります。108円で買い注文が約定しても、それから円高に流れが転じた場合、ストップロス(損切り)などの設定が行われていなければ、損失が膨らんでしまいます。

初心者の多くは過去の運用実績の高さをもとにいずれのシステムトレードを選ぶのかを決めていますが、一定期間だけの数値だけで判断するのは考えものでしょう。「たまたまその局面の相場にマッチしたルールだっただけ」というものを引き当ててしまいかねないからです。もっと中長期的な推移を検証したり、もともとあらゆる相場展開に対応したルールになっているものを選んだりするのが賢明だと言えるでしょう。



成功するための秘訣

システムトレードで成功するための秘訣は、具体的に利益を得られるイメージを持たない状態で「とにかくシステムトレードなら着実に利益が得られる」と過信しないことです。そして、初心者にとっては中長期的な運用実績のチェックも簡単な作業とは言いがたいはずですから、上昇・下降・レンジ(ほぼ一定値幅でもみ合い)のいずれの相場展開にも対応できるルールのシステムトレードを選ぶのが堅実でしょう。

その代表例として挙げられるのがアイネット証券「ループイフダン」です。これは、イフダン注文がループして(繰り返して)執行されていくシステムトレードです。

イフダンとは、新たに注文を入れる際に、「それが約定したら、為替レートが○○になった時点で決済する」という注文をセットで出せるというもの。たとえば、「為替レートが102円の時点で米ドルに買いを入れ、105円になったら売る」といった注文を同時に入れられます。ループイフダンでは、一定値幅ごとにこのイフダン注文を繰り返し、利益が出ているポジションが決済されていきます。※ いくらの値幅で利益を確定させていくという戦略が明確になっていますし、頻繁に売買が繰り返されて効率的な運用が続けられます。

ループイフダンの仕組みや動きについてはアイネット証券のホームページに詳しく載っているのでをチェックしましょう。

https://inet-sec.co.jp/systrd/workings-1/

為替レートの小刻みな動きも逃さずトレードを仕掛けられるため、方向感が定まらないレンジ相場でも着実に利益を積み上げられるのが強みです。特に、アイネット証券のループイフダンはトレンドが上昇・下降へと転じた場合もその流れに対応できるロジックになっていますし、「マイセーフティ機能という自分が決めた損失額になったら決済注文を発動する機能も用意されています。

マイセーフティ機能についての説明もアイネット証券のホームページに詳しく載っているのでをチェックしましょう。

https://inet-sec.co.jp/systrd/support/chumon/mysafety.jsp



初心者がチャレンジしやすいシストレはループイフダン!

このように、ループイフダンは為替相場のトレンドにあまり左右されず、コツコツと利益を積み上げていくことを期待できます。そういった意味では、特に初心者にとって優しいシステムトレードだと言えるでしょう。

その反面、もっと派手に利益を稼ぎたくてシステムトレードに注目している人にとっては、退屈に感じてしまうかもしれません。しかしながら、そういった取引はおのずとリスクも高くなるのが現実です。

できるだけ失敗を避けたいという人なら、相場の一時的な上下動に翻弄されることなく、簡単な設定ですぐに始められるループイフダンから始めてみるのはいかがでしょうか? アイネット証券なら手数料は無料になっていますし、実際に資金を投入する前にデモ取引を体験してみることも可能です。

★☆★ シストレちゃんねる から お得なお知らせ! ★☆★

 デモ訴求ページTOP画像.png

 

【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

関連記事