ループイフダン5通貨ペアの運用レポート(2019年5月まで)【秋川匡人】

秋川匡人title.jpg

こんにちは。ループイフダンなど、リピート系自動売買の運用を公式ブログ「トレード12」(http://trade12.jp/)で公開している秋川匡人です。よろしくお願いいたします。

こちらの記事では、2019年5月までのループイフダンのデモ運用結果をまとめたものを、通貨ペアごとに公開します。

 

■豪ドル円のB80とB20の運用

audjpy.png

 

■ドル円のB100とB25の運用

usdjpy.png

 

■ポンド円のB150とB50の比較

gbpjpy.png

 

■ユーロ円のS120とS40の比較

eurjpy.png

 

■ユーロドルのS60とS20の比較

eurusd.png

■こういう下落が必要です

2019年5月までのループイフダン長期運用の結果でした。

注目していただきたいのは、ユーロドルの売りの運用の暫定年利です。こちらS60は8.01%、S20は7.34%と、S60の方が良い数値となっています。

ただ、これはユーロドルが長期的に下落して、利益が乗ってきてからの現象です。ユーロドルが上昇していた時期はどちらもマイナス収支でしたが、ここまでの差は出ていませんでした。

私が常々提唱している、長い目で見れば利食い値幅が広い方が儲かるという法則は、ちゃんと利益が出ている運用にのみ現れるものなのかもしれません。

豪ドル円やポンド円などの買い運用の年利差は、もっと利益が出ていた時期の方が、今より広かったのも同じ理由と思われます。

 

<著者運営ブログをチェック!>

トレード12

 

【注意事項】

・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。

・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。

・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

著者プロフィール

著者アイコン
秋川匡人(あきがわ・くにひと)
東京都在住の兼業トレーダーで、住宅ローンを抱える二児の父。某製造業で働きつつ、FXトレードに精を出す。2013年から本格的にFXを開始。テクニカル分析主体の考え方で、スキャルピングやデイトレ、自動発注系ツールの活用、高金利通貨のスワップ運用など幅広い発想でFX投資を行ってきた。現在は、ループイフダンを主体に運用を行っている。夢は大きな犬とのんびり暮らすこと。2016年春にトレード12を立ち上げる。※ 運営ブログ:http://trade12.jp/

関連記事