サトウカズオのトルコリラレポート【2019年3月4日週】

サトウカズオtitle.jpg

【はじめに】

みなさん、こんにちわ(こんばんわ)!

トルコリラやメキシコペソなどの高金利通貨のスワップポイントで、”ほぼ”生活しているサトウカズオです。

目的は「ほったらかしでお金を稼ぐこと」ですので、その手段のひとつとしてFX自動売買も稼働・運用させています。

ループイフダンはトルコリラやメキシコペソなどの高金利通貨の取り扱いも開始しましたので、利用しない手はありません。

FX自動売買をするならFX初心者に優しく、低コストで、高スワップポイントが貰えるループイフダンはおすすめです♪

私も自腹で他のFX自動売買システムトレードツールと比較しながら稼働・運用していますので、よろしければ参考にしてください(笑

ところで、アイネット証券さんに聞いたところ、ループイフダンでのトルコリラ円やメキシコペソ円の設定幅については、現状より狭い値幅設定をローンチ予定でしたが、1月3日のフラッシュ・クラッシュを受けて、サーバの強化を優先するそうです。

そのため狭い値幅のローンチは少々遅れるそうですが、これは仕方がないですね。

サトウカズオはオーストラリアドルでも運用していますので、サーバ強化は大歓迎です♪

【忙しい人へまとめ】

●トルコ2019年1月貿易収支と2月製造業PMIは市場予想を上回る好内容♪

●しかし好調なアメリカ経済の前にドル高トルコリラ安進む

●同様にドル高円安も進んだためトルコリラ円はほぼ変わらず

●リスクオン状態の世界的な株価上昇(トルコ株含む)

●結果トルコにも資金が再び流れ込んでいて良い方向に♪

【2月25日週のトルコリラまとめ】

2月25日の週はおよそ1トルコリラ=20円79銭でこの週の取引を終了。

先々週(2月18日の週)終値の1トルコリラ=20円76銭より、3銭のトルコリラ高円安で取引を終了しています。

ドル円は1ドル=111円94銭と先々週の終値である110円66銭から1円28銭程度のドル高円安で推移しています。

 

トルコリラ円は、トルコの経済指標は良かったものの、それ以上にアメリカの経済指標が良く、全般的にドルが買われた(ドル高の)影響からドル高トルコリラ安が進みました。

しかし同時にドル円でも、ドル高円安が進んだため、トルコリラ円では僅かにトルコリラ高円安となっています。

 

ドルが強いですね。

アメリカ経済の一人勝ち状態再び、という状況です(笑

ただ、世界的な株高展開・リスクオン(リスクを取ってでもリターンを得る)姿勢・新興国への資金流入により、トルコ経済も頑張っています。

去年までのトルコリラと違い戸惑っているくらいです(笑

(あとはエルドアン大統領、31日選挙だからと言って変なことしないでくださいね)

市場もトルコの国内政治・外交、経済が安定してきているのを認めている証拠ですね♪



トルコの政治経済

●トルコ2月住宅販売

前回1月実績78.5、市場予想77.7に対し、実績79.4%!

 

●トルコ1貿易収支

前回12月実績-27.2億ドル、市場予想-25.0億ドルに対し、実績-25.0億ドル!

 

トルコ1月観光客数

前回12月実績前年比+14.5%に対し、実績同+5.3%!

 

●トルコ2月製造業PMI

前回12月実績44.2、市場予想44.6に対し、実績46.4!



まずはトルコの経済指標。

先週発表されたトルコの経済指標は、月末と言うこともあり、重要経済指標である、貿易収支・製造業PMIが発表されました。

結果は…、前月実績・市場予想よりも好内容に!

貿易赤字額も12月より減少。

原油価格が12月から上昇に転じている中で、検討しているのではないでしょうか(笑

satoukazuo20190304-1.gif

トルコ貿易収支

TRADINGECONOMICS.COM様より

さらに最近思わしくなかった(低迷していると思われる)トルコ経済の中で、ようやく製造業PMIにも上昇の兆しが♪

主な輸出先の欧州経済が鈍化傾向・景気後退も疑われる中、大きく上昇するとは…嬉しい限りです!

と言っても景気判断の方法としての基準値:50を下回っていて悪化となる数値には変わりないのですが(苦笑

なにはともあれ、上向くのは良い事です♪

satoukazuo20190304-2.gif

トルコ貿易収支

TRADINGECONOMICS.COM様より

トルコ経済もインフレ率の低下傾向が続き、経常収支が黒字(もしくは若干の赤字程度)である限り、トルコリラは大きく崩れることは無いでしょう。

逆にインフレ率が上昇し、原油高・トルコリラ安で経常収支の赤字化が進めば、トルコリラは崩れることになります。

選挙前までは引き続き底堅く推移すると思いますが、選挙後は少し心配です。

(トルコの場合、トルコ経済よりも政治・外交リスクの方が心配(涙)

(1トルコリラ為替見通しブログの1管理人の予想ですよ♪)



トルコの政治外交

先週のトルコの政治・外交面では、

 

【ポジティブ材料】

・特になし

 

【ネガティブ材料】

・ロシア製ミサイル防衛システムS400導入問題に関してアメリカと揉める

・31日の選挙目当てのバラまき加速(財政が心配)

 

【不明】

・クシュナー大統領上級顧問(トランプ大統領の娘婿)、エルドアン大統領と会談

 

政治・外交面ではポジティブな内容は、あまりなかったですね。

どちらかと言うとトルコリラ安につながるネガティブ材料の方が多かったです。

 

特にアメリカと揉めるのは良くありません。

ロシア製ミサイル防衛システムS400導入問題に関しては、アメリカ政府・アメリカ議会から強い警告を受けています。

ロシアと揉めても市場の反応は限定的ですが、アメリカと揉めると、昨年8月のトルコショックの時のようにトルコリラ暴落を引き起こしかねません。

トルコは北大西洋条約機構(NATO)加盟国ですよ。

いったいどの敵から防衛するつもりなのでしょうか?

 

クシュナー大統領上級顧問とエルドアン大統領との会談も興味深いですが、詳細が伝わってきていません。

表敬訪問とは言え、経済・シリア問題など具体的な話にはなっていると思うのですが…。

 

とにかく欧米と対立せずに、インフレ上昇を引き起こす経済振興策・バラマキ政策を抑え、投資家を安心させる政策を行うようお願いします。

トルコリラ保有者は、あなたの言動に冷や冷やものです(苦笑

 



トルコリラの推移

週の高値は20円81銭くらい。

週の安値は20円74銭くらいでしょうか。

 

週の最高値は、週半ばの2月25日のニューヨーク時間。

週の最安値は、週終わり2月27日の東京時間、となっています。

 

週の値幅、僅か7銭(笑

ほとんど値動きがありませんでした。

良く言えば下値が底堅い、悪く言えば上値が重い…と言ったレンジ相場となっています。

 

アメリカ10-12月期の国内総生産(GDP)が市場予想を大きく上回っため、ドルは各通貨に対し広く買われた(ドル高になった)影響からドル高トルコリラ安が進みました。

しかし同時にドル円でも、ドル高円安が進んだため、トルコリラ円はほとんど値が動いていません。

 

今週はインフレ率・政策金利の発表と重要なイベントが目白押しです。

まずは21円台を回復し、しっかりと足場を固めて欲しいものです。

(さすがに23円以上への上昇は難しいと思いますが…)

頑張れトルコリラ♪



【3月4日週のトルコリラ予想】

トルコリラに関しては、

03月04日:2月 消費者物価指数

03月06日:トルコ中央銀行 政策金利

などが予定されています。

今週は大注目の週となりそうです。

今までほとんど動かなかったトルコリラ円も、大きく動くことになるかもしれません。

 

まずはトルコ2月の消費者物価指数(前年比)。

01月実績:+20.35%

市場予想:+19.90%

 

なんと20%を切る市場予想となっています。

これは…サトウカズオ的には、かなり強気な予想かと…(苦笑

上回る可能性も十分にあり、前月01月実績を下回れば御の字ではないでしょうか。

逆に市場予想通りまで下がれば、トルコリラ高が進みそうです。

 

次にトルコ中央銀行 政策金利発表。

01月実績:24.0%

市場予想:24.0%

 

政策金利の据え置きが予想されています。

しかし2019年下半期では、4%から6%の利下げの噂も出てきています。

4%から6%インフレ率が下がっていれば良いのですが、そうでない場合は危険です。

エルドアン大統領・トルコ中央銀行には、現実に合った、しっかりとした経済政策・金融政策を行った欲しいものです。



【トルコリラ円の為替相場見通し】

トルコリラ円の為替相場見通しは、

20円00銭から22円00銭程度と予想します。

先週も、20円00銭から22円00銭程度のレンジ相場と予想していましたね(笑

 

トルコリラは底堅い!

しかも以前に比べて安定しています♪

ただ…、正直トルコ経済ではなくて、エルドアン大統領やトランプ大統領の発言やtweet、政治的決断で上下するので、予想もへったくれもないですね(涙

(1トルコリラ為替見通しブログの1管理人の予想ですよ)

【著者運営ブログをチェック!】

トルコリラ/メキシコペソFXブログ:スワップポイント投資

FX自動売買で副業ブログ:FX自動売買



【注意事項】
・本レポートは筆者の主観及び経験に基づき執筆されており、内容の正確性や完全性を保証するものではありません。筆者及び株式会社アイネット証券は、本レポートの利用あるいは取引により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。
・本レポートはあくまでも参考情報であり、筆者及び株式会社アイネット証券は、為替やいかなる金融商品の売買を勧めるものではありません。取引を行う際はリスクを熟知した上、完全なる自己責任において行ってください。
・筆者及び株式会社アイネット証券の許可無く当レポートの全部もしくは一部の転送、複製、転用、検索可能システムへの保存はご遠慮ください。

著者プロフィール

著者アイコン
サトウカズオ
【サトウカズオ:会社員・投資家・ブロガー・初心者の味方】
給料がなかなか上がらない昨今、副収入があればいいと思ったことはありませんか?
でも忙しいサラリーマンや主婦にできるお小遣い稼ぎ・副収入って何があるでしょう?
時間や専門知識がなくても出来る、始めたあとも手間もかからない、しかも継続的に。
そんな都合の良い条件をかなえてくれるのが、自動売買システムトレードです。
そんな”ほったらかし”の資産運用書いています。
・トルコリラ/メキシコペソFXブログ https://www.tryjpy.com/
 :スワップポイント投資
・FX自動売買で副業ブログ https://fx自動売買.jp/
 :FX自動売買

関連記事